落合博満氏 監督就任オファー受けたら「バレないように行動する」

[ 2018年12月14日 21:16 ]

落合博満氏
Photo By スポニチ

 元中日監督で野球解説者の落合博満氏(65)が14日、CBCラジオの中日応援番組「ドラ魂(ダマ)KING」(火〜金曜後6・00)に生出演。放送時間の1時間を目いっぱい使って球界のあれやこれやをぶっちゃけまくった。

 自身がゲストだというのに、番組開始直前に局内で見かけた旧知の夫婦デュエット「チェリッシュ」を“ゲストのゲスト”としてスタジオに招き入れ、しばし思い出話に花を咲かせるというさすがの“オレ流采配”を見せた落合氏。

 今後、新たな監督就任のオファーを受けた場合は受けるのか?という質問には「コメントのしようがありません」とし、「ハッハッハ〜!」と豪快に大笑い。ここで1時間番組のちょうど半分が経過していたが、「30分で現役終わっちゃうの?20年が?」とまだまだ監督時代ではなく現役時代の話を続けたいそぶりを見せた。

 それでも気を取り直して質問に答え、「話は聞きます。でも、来ないことには話のしようがない。来もしないのに考えるのは…」。さらに「ただ、(オファーが来たら)バレないように行動する」とし、「表に出ても誰もメリットない。(マスコミに)勝手に書かれる分にはいいけど、(オファーを受けた本人が)あるとかないとかしゃべんなよ、と。決まったらしゃべればいい。決まらなかったら何もなかったようにすればいい」と“隠密行動”を予告した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月14日のニュース