大谷と“交流権”22万6000円 慈善オークション

[ 2018年12月14日 05:30 ]

「2018毎日スポーツ人賞」グランプリを受賞した大谷は副賞として巨大なホンマグロを贈られ笑顔(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 エンゼルス・大谷と交流できる権利が慈善オークションに掛けられている。エンゼルス広報は12日(日本時間13日)、現時点で購入希望額が2000ドル(約22万6000円)を超えたと経過発表した。

 オークションは13日(同14日)に締め切られ、メジャー初の黒人選手とされるジャッキー・ロビンソンの財団とニグロリーグ(黒人リーグ)博物館に寄付される。同様の慈善オークションでは、エ軍トラウトと交流できる権利が5000ドル(約56万5000円)の値が付いている。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2018年12月14日のニュース