中日・京田 虎の遊撃争いに熱視線 自身もドラ1根尾とレギュラー争い

[ 2018年12月14日 05:30 ]

中日の京田(左)
Photo By スポニチ

 中日・京田が虎の正遊撃手争いに熱視線を送った。阪神ドラフト3位・木浪(Honda)は青森山田の同期。遊撃の座を争った木浪を二、三塁へ追いやる形でレギュラーをつかみ取り、「向こうから負けたくない気持ちは伝わってきた」と良き戦友としてしのぎを削り合った。

 ただ、高校時代は「北條という壁がありましたからね」と同じ青森の光星学院(現八戸学院光星)で正遊撃手として甲子園で3季連続準優勝するなど北條が全国に名をとどろかせ、青森山田は聖地にたどり着けなかった。

 さらに来季は京田が「憧れ」と尊敬してやまない鳥谷も遊撃へ再挑戦。「攻守交代の時に鳥谷さんがどういうふうに守っていたか、感じたい」と同じ試合で遊撃を守るのが夢でもある。

 木浪、北條、鳥谷。いずれも縁のある選手の競争だけに関心は強い。まず自分がドラフト1位・根尾(大阪桐蔭)とのレギュラー争いに勝ち、猛虎の正遊撃手争いを見守るつもりだ。(徳原 麗奈)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月14日のニュース