大谷2世は誰?メジャーの主な二刀流予備軍

[ 2018年12月14日 05:30 ]

「2018毎日スポーツ人賞」グランプリを受賞した大谷は副賞として巨大なホンマグロを贈られ笑顔(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 ★レイズ傘下マッケイ マイナーで投手兼一塁手として育成中の22歳。大谷の新人王受賞時には「僕のように二刀流を志す次世代の選手にとって重要な成功だと思っている」。

 ★ホワイトソックスからFAデービッドソン 2年連続20本塁打以上の27歳の内野手。今季は大谷と並び「15本塁打、3登板」を達成。3試合、全て救援で3イニングを投げ1安打無失点。今月初めにFAとなった。

 ★マリナーズカワート 10日にエンゼルスからマ軍に移籍した26歳の内野手。高校時代は投手としての評価も高くマ軍のジェリー・ディポトGMは二刀流で起用する方針を示した。

 ★エンゼルス傘下ウォルシュ&ウェイ 25歳のウォルシュと26歳のウェイはともに外野手だが、今年のアリゾナ秋季リーグでは投手で出場した。エ軍は今年のドラフトで5巡目指名した17歳のイングリッシュも二刀流で育成する方針を示している。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年12月14日のニュース