西武・辻監督 FA人的補償は「即戦力投手欲しい」

[ 2018年12月14日 05:30 ]

入団会見でポーズをとる(前列左から)森脇、粟津、渡辺、松本航、山野辺、牧野(後列同じ)中熊、東野、辻監督、佐藤、大窪(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 西武・辻監督がFA移籍した浅村、炭谷の人的補償として「即戦力投手が欲しい」と明かした。

 楽天、巨人から届いたプロテクトリストは「両チームとも見た」と言い、エースの菊池がメジャー移籍するチーム事情もあり、即戦力投手を求めたい考えだ。ただ、最終的に人的補償か、金銭の補償を選択するかは「まだ決めていない」とした。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月14日のニュース