藪恵壹氏、高田繁氏、豊田清氏ら136人が「学生野球資格回復制度」研修を受講

[ 2018年12月14日 14:22 ]

<学生野球資格回復制度・NPBプロ研修会>大手町で学生野球の資格を回復するためのプロ研修会が開かれ豊田清氏(中央)らが受講(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 プロ野球経験者が学生野球の指導者になるための「学生野球資格回復制度」のNPBプロ研修会が14日、都内で行われ、136人が受講した。

 研修内容は「学生野球とプロ野球の関係〜プロアマの歴史・経緯」「新人獲得ルール・内容に関する説明」「高校生のからだの特性とケガ予防」「指導者の役割」など。

 開会のあいさつを行った日本野球機構(NPB)の井原敦事務局長は、プロOBの高校野球の監督が26人、大学野球の監督が27人になったなどの数字を挙げ、「スポーツ界は体罰が社会問題化している。グラウンドに戻る時は強く意識してほしい」などと話した。

 主な受講者は以下の各氏

 藪恵壹、清水隆行、高田繁、本西厚博、田中浩康、豊田清、佐藤貴規、尾花高夫、鈴木葉留彦、川相昌弘、角富士夫、井端弘和、森脇浩二、岡本真也、小松辰雄、中島輝士、小林雅英(敬称略)

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月14日のニュース