ヤクルト青木 岩隈らと米ロス自主トレへ 戦力補強続ける巨人に闘争心

[ 2018年12月14日 05:30 ]

サンタクロースにふんした青木は来年の願い事「日本一」を靴下に入れる (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・青木が都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸3億3000万円でサインした。来季が3年契約の2年目。7年ぶりに国内復帰した今季、打率・327でチームを最下位から2位に浮上させたが「もっと打ちたい。勝つための一本を打っていきたい」とあくなき向上心を口にした。

 来年1月に後輩の村上らと行う米ロサンゼルス自主トレには、巨人入りする同学年の岩隈も参加することが決まった。マリナーズ時代、ともに戦った盟友に「米国での経験はプラスになる。パワーアップした岩隈をまた日本で見られるのは楽しみ」。一方でライバル球団の巨人が戦力補強を続けることには「うちだっていい選手がいる。若い選手が育てば来年、再来年につながるしその方が未来が明るい」と闘争心を高めていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月14日のニュース