阿部が持論展開 小林の強肩に「投手やればいい」 甲斐には「凄い肩」

[ 2018年12月14日 20:48 ]

札幌市内の飲食店「北の味 大助」のトークライブに参加した巨人・阿部
Photo By スポニチ

 巨人・阿部が札幌市内の飲食店「北の味 大助」のチャリティートークライブに参加。自身は来季4年ぶりに捕手復帰にするが、グアムでマンツーマン自主トレを行ったこともある小林の「強肩」を称えた。

 阿部は「極論を言えばピッチャーをやればいい。あれだけのボールを投げられるんだから」と持論を展開した。今季の盗塁阻止率は3年連続リーグトップの・341。「キャッチャー心理も読みながら、ピッチャーをやればいい」と独特の言い回しで、小林の実力を認めた。

 日本シリーズでは育成出身の捕手・甲斐がMVPに輝いた。数年前にオープン戦で見たときから、「凄い肩してるな」と衝撃を受けたという。盗塁死は試合の流れを一変させると考えていて、自身については「あれくらいのボールは投げれないので、技で勝負する」と来季を見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月14日のニュース