マグロ60キロ贈呈 “三刀流”大谷 包丁で「どう調理しようかなと…」

[ 2018年12月14日 05:30 ]

「2018毎日スポーツ人賞」グランプリを受賞した大谷は副賞として巨大なホンマグロを贈られ笑顔(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 13年の田中(当時楽天、現ヤンキース)以来、5年ぶりに野球界からのグランプリとなったエンゼルス・大谷は、賞金100万円と本マグロ60キロ(寿司に換算すると2000貫分)などが贈呈された。

 米国の自宅では自炊もこなす“三刀流”の大谷は「(マグロを)どう調理しようかなと…。食べきれるか分からないけど、うれしいです」と笑顔。100万円の使い道については「(知人など)みんなでご飯でもいけたらいいかなと思う」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年12月14日のニュース