銀次 球団生え抜き初1000安打は来年盛岡で「一つの目標」

[ 2018年12月14日 05:30 ]

宮古小を訪れた銀次
Photo By スポニチ

 岩手県出身の楽天・銀次が東日本大震災の被災地である同県宮古市の宮古小を訪問し、全校生徒242人と触れ合った。

 約1時間、打撃指導などを行い「凄く元気で圧倒された。僕が来ることで街が明るくなればいいな」と話した。今季終了時点で通算939安打。来季は球団生え抜きでは初の1000安打も視野に入る。来年5月28日には盛岡での主催試合(対西武)があり「そこで達成するのが一つの目標」と意気込んだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月14日のニュース