中日・与田監督 ドラ1指名公言の根尾は「スーパーマンのように見える」

[ 2018年10月16日 05:30 ]

就任会見を終え、球団旗の前でポーズをとる与田新監督(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 【中日・与田監督に聞く】

 ――プロ野球に入団した中日で監督を務めることになった。

 「強いご縁、運のいい男だなと思っている」

 ――外から見た中日の印象は?

 「楽天のコーチだったので3年間はドラゴンズの選手の印象はない。ここ数年低迷していることは分かっている」

 ――6年連続Bクラスのチームを引き受ける重圧は?

 「プレッシャーは探せばいくらでも出てくる。戦うのは選手。必ず良くも悪くも原因ある。その原因をしっかりと明確にして1つずつ課題をクリアしていきたい」

 ――25日のドラフト会議では大阪桐蔭・根尾の1位指名を公言している。

 「スーパーマンのように見える。走攻守がしっかりできている選手という印象。(仮に入団すれば)本人が望むことは何か、きちんんと把握した上でやっていきたい。二刀流がわがチームで実現されれば皆さん楽しみにしていただけると思う」

 ――競合となった際のくじ引きは?

 「それが私の初仕事であるならば、一生懸命手を洗って消毒して願掛けして臨みたい」

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年10月16日のニュース