【矢野氏 阪神監督就任データ】金本前監督と同じ東北福祉大出身

[ 2018年10月16日 05:30 ]

1軍監督就任要請を受諾し、心境を語る矢野2軍監督      (撮影・成瀬 徹)    
Photo By スポニチ

 【矢野氏 阪神監督就任データ】

 《野村監督&星野監督以来》第34代阪神監督に就任する矢野氏は91年に中日でデビュー。92年広島でデビューした金本前監督に続き、阪神監督が2代連続で生え抜きでなかったのは、99〜01年野村監督(南海出身)と02、03年の星野監督(中日出身)以来になる。金本前監督とは同じ東北福祉大出身。2代連続同じ最終学歴は阪神では初めて。

 《捕手出身は3人目》捕手出身は田中監督(58、59年)と野村監督に続く18年ぶり3人目。ちなみに96年終盤に監督代行で13試合指揮した柴田コーチも捕手出身。阪神2軍監督経験者は岡田監督(04〜08年)以来7人目。2軍監督から直接昇格は、82年就任の安藤監督、95年7月に代行で昇格の藤田監督に続く3人目。2軍優勝翌年の就任は矢野氏が初めて。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2018年10月16日のニュース