西武・浅村 CSファイナルS前に「平常心」強調も「絶対に突破して、日本シリーズを目指す」

[ 2018年10月16日 16:04 ]

フリー打撃を行う浅村(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 西武の主将・浅村は、CSファイナルSの初戦を前に「平常心」を強調した。

 「いよいよ、という気持ちはまだ抑えている。明日、気持ちは入れたらいい。今日はいつも通りにやった」。練習中も張り詰めたムードはなく、普段と変わらぬ明るい表情だった。

 ソフトバンクが勝利した前夜の試合はテレビで見ていたといい「ソフトバンクが上がってくると予想した上で、イメージしてやっていた」。相手はリーグ1位のシーズン202本塁打。西武は同2位の196本塁打で、打ち合いの展開も予想される。

 浅村自身は今季127打点で2度目のタイトルを獲得。主将として、打線の核として「優勝したチームがCSで負けてはファンの期待を裏切ってしまう。絶対に突破して、日本シリーズを目指す」と力を込めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年10月16日のニュース