巨人・菅野 巨投最多の6度目月間MVP 今年初「最後の最後で取れて嬉しいです」

[ 2018年10月16日 17:47 ]

月刊MVPを受賞し会見する菅野
Photo By スポニチ

 9、10月度の「日本生命月間MVP賞」が16日に発表され、セ・リーグ投手部門では巨人・菅野が選ばれた。1救援を含む7登板で4勝1敗、防御率1・10の成績を残した。

 昨年の9、10月以来、通算6度目の受賞。巨人の投手としては、斎藤雅樹現1軍投手総合コーチの5度を抜き最多となった。

 菅野は「去年、たくさんとれましたけど今年は1回もとれないかなと正直思っていたので、最後の最後で取れて嬉しいです。もちろん僕の力だけじゃないですし、自分を支えてくれたトレーニングコーチとトレーナーに感謝したいです」と話した。

 右腕は9月22日のヤクルト戦、28日のDeNA戦、10月4日の広島戦と3戦連続完封。9日の阪神戦では1日限定の守護神を務め、CSファーストステージ第2戦・ヤクルト戦ではポストシーズン史上初のノーヒットノーランを達成。シーズン終盤から41イニング連続無失点中と圧倒的な投球を見せている。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年10月16日のニュース