西武の多和田&山川 今季2度目の月間MVPダブル受賞 高校、大学、プロでも先輩後輩「助かります」

[ 2018年10月16日 16:10 ]

笑顔でガッツポーズする9・10月度月間MVPを獲得した山川(左)と多和田(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 セ、パ両リーグは16日、9・10月度の月間MVPを発表した。パ投手部門は西武・多和田真三郎投手(25)が2度目の受賞。5試合に登板し、4勝無敗、防御率1・54。同打者部門は西武・山川穂高内野手(26)で4度目の受賞。28試合に出場し、打率・333、11本塁打、28打点の成績を残し、多和田とともに10年ぶりのリーグ優勝に貢献した。

 多和田は16勝で初の最多勝も獲得し「一試合一試合と思って投げ、結果がついてきた」と振り返った。また、沖縄・中部商と富士大の2年先輩である山川と、3、4月に続き投打で同時受賞となり「投げているときに打ってくれている印象が強い。助かります」と感謝。

 山川は9月以降に11本塁打を放ち47本塁打で初の本塁打王に輝き「一番大事な時期にしっかり打てた。そこが一番うれしい」と笑顔。

 17日に始まるクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージへも「負けたら終わりなので、高校球児ばりの試合ができたらいい」と意気込んだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年10月16日のニュース