エンゼルス 次期監督候補に筆記試験を実施 コミュニケーション能力など問う

[ 2018年10月16日 08:53 ]

選手に笑顔で話しかけるエンゼルスのソーシア前監督 (AP)
Photo By AP

 エンゼルスが次期監督候補となる人物に2時間の筆記試験を実施しているという。15日に米国のNBCスポーツ(電子版)が伝えた。

 試験の内容は分析力、コミュニケーション能力、そして試合におけるマネジメント能力を問うものとのこと。ここ数年、他のチームも監督候補となる人物にこのような筆記試験を実施しているという。

 大谷翔平が所属するエンゼルスは、今季限りで2000年からチームの指揮を取っていたマイク・ソーシア監督(59)が退任した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年10月16日のニュース