Rソックス、タイ勝 ブラッドリー走者一掃V打

[ 2018年10月16日 05:30 ]

ア・リーグ優勝決定シリーズ第2戦   レッドソックス7―5アストロズ ( 2018年10月14日    ボストン )

アストロズ戦の3回、3点二塁打を放つレッドソックスのブラッドリー=ボストン(AP=共同)
Photo By 共同

 レッドソックスが14日(日本時間15日)、アストロズの今季15勝右腕コールを攻略し、1勝1敗とした。

 2―4の3回2死満塁、ブラッドリーが高さ11・3メートルの左翼フェンス「グリーンモンスター」を直撃する走者一掃の逆転二塁打。「無理せずに打てる球を狙った」。今季の1試合最多が4失点だったコールから、チーム打率と総得点トップのレ軍打線が5点を奪った。アレックス・コーラ監督は「打線がとても積極的だった」と手応えを口にした。12年サイ・ヤング賞左腕プライスは、過去のポストシーズンの先発10試合で0勝9敗で、チームは10連敗。4回2/3を4失点と不満の残る内容だったが、チームの勝利で嫌な流れが止まり「小さな一歩」とナインに感謝した。 (杉浦大介通信員)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年10月16日のニュース