早大・加藤V2ラン ソフトB柳田を参考に打撃復調

[ 2018年10月16日 05:30 ]

東京六大学野球第6週最終日   早大8―0明大 ( 2018年10月15日    神宮 )

3回2死 右前安打を放つ早大・加藤(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 早大は4番・加藤が初回に先制の右越え2ランを放った。「気持ちが大きく前に出たホームランだった」。

 今秋は打撃不振で2年春から座った4番を初めて外れ、「おごりがあった」と自身の課題を見つめ直した。打撃復調のためにソフトバンク・柳田の映像を参考に、バットを寝かせるフォームに大きく修正。リーグ戦通算6本目のアーチを含め、5打数3安打3打点と成果を発揮し「このままやっていけば良くなっていく」とうなずいた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月16日のニュース