駒大・辻本「逃げない」攻めで亜大・頓宮封じ 今季初完投で先勝

[ 2018年10月16日 13:57 ]

東都大学野球秋季リーグ 第7週第1戦   駒大5―2亜大 ( 2018年10月16日    神宮 )

<駒大・亜大>力投する駒大先発・辻本(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 駒大が亜大に5―2で先勝した。

 先発の辻本宙夢投手(4年)は9回を投げ、5安打2失点で今季初の完投勝利。今秋ドラフト候補に挙がる亜大の主砲・頓宮裕真捕手(4年)も3打数無安打1死球と封じ、「良いバッターということはみんな知ってること。逃げないということを1番に考えて攻められた」と振り返った。

 これで辻本は今季3勝目。現在リーグ最下位のチームも、亜大から勝ち点を奪取すれば、まだ優勝の可能性は見える。「なんとか後ろの白銀滉大(投手4年)につなごうという意識が良い方にいっている。1死でも多く取っていきたい」と言った。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2018年10月16日のニュース