青木 代打待機も出番なし 使いたいけど…小川監督「こればっかりは…」

[ 2018年10月14日 05:30 ]

セ・リーグCSファーストS第1戦   ヤクルト1―4巨人 ( 2018年10月13日    神宮 )

<ヤ・巨>3回無死一塁 山田哲(背番号1)が二ゴロ併殺に倒れがっくりの小川(左)と青木(右)(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 左太腿裏痛で離脱していたヤクルト・青木が出場選手登録され、ベンチで代打待機したが出番はなかった。

 「明日勝てるようにしたいですね。短期決戦は流れをどうつかむか」と仕切り直しを強調した。患部は万全ではなく、首脳陣は期限ぎりぎりまで登録を待った。小川監督は「どういうシチュエーションで青木を使えるのか。こればかりはやってみないと分からない」と慎重な構えを崩さなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月14日のニュース