山田哲 ブレーキ無安打2三振 鋭い当たりも…「一番いらないやつ」

[ 2018年10月14日 05:30 ]

セ・リーグCSファーストS第1戦   ヤクルト1―4巨人 ( 2018年10月13日    神宮 )

<ヤ・巨>5回2死二塁、山田哲が上原に空振り三振に抑えられる (撮影・大塚 徹) 
Photo By スポニチ

 ヤクルト・山田哲は無安打2三振とブレーキとなった。1点勝ち越された直後の3回無死一塁の反撃機では、鋭い当たりが正面を突く二ゴロ併殺打とツキもなかった。

 決して内容が悪い打席ではなかったが「一番いらないやつです。短期決戦は結果が全てなので」と厳しい表情。「まだ決まったわけではない。巻き返せると思うので。粘り強くチーム全体で勝ちたい」と前を向き直した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月14日のニュース