菅野、CS史上初のノーノー達成!由伸巨人2連勝でファイナルS進出

[ 2018年10月14日 20:45 ]

セ・リーグ クライマックスシリーズ ファーストステージ第2戦   巨人4―0ヤクルト ( 2018年10月14日    神宮 )

<セCS1stヤ・巨2>ノーヒットノーランを達成した先発・菅野(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ(3試合制)第2戦は14日、神宮球場で行われ、レギュラーシーズン3位の巨人が同2位のヤクルトを4―0で下し、2連勝でファイナルステージ進出を決めた。エースの菅野智之投手(29)がCS史上初のノーヒットノーラン(無安打無得点試合)を達成。圧巻の投球で、チームを3年ぶりのファイナルステージへ導いた。

 菅野は立ち上がりからヤクルト打線を寄せ付けない気迫の投球。初回に山田哲から空振り三振を奪うなど中軸も簡単に料理し、スコアボードに0を並べた。

 打線は2回に長野のソロで先制し、4回にはマギーのソロ、亀井の2ランで3点を追加。一発攻勢でヤクルト先発・原を攻略し、序盤に4点を先行した。

 援護をもらった菅野は、1人の走者も出さぬまま6回まで完全投球。7回2死から山田哲に四球を与えて完全試合はなくなったが、続くバレンティンを空振り三振に斬って無安打投球を続けた。8回も三者凡退で切り抜けると、そのまま9回もピシャリ。勝てばファイナルステージ進出が決まる大一番で偉業を成し遂げた。

 9回、113球を投げ無安打1四球7奪三振、フライは14、ゴロは6だった。

 菅野は今季最優秀防御率、最多勝、最多奪三振の3冠に輝いている。レギュラーシーズンでは過去79人が計90度のノーヒットノーランを達成しているが、CSでは菅野が史上初。レギュラーシーズン終盤から続く連続無失点を41イニングに伸ばした頼れるエースが、チームを17日からのファイナルステージへと導いた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月14日のニュース