巨人・菅野 CS史上初のノーノー達成!9回、113球、フライは14、ゴロは6

[ 2018年10月14日 21:06 ]

セ・リーグ クライマックスシリーズ ファーストステージ第2戦   巨人4―0ヤクルト ( 2018年10月14日    神宮 )

<セCS1stヤ・巨2>ノーヒットノーランを達成し、小林と抱き合う先発・菅野(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ(3試合制)第2戦は14日、神宮球場で行われ、レギュラーシーズン3位の巨人が同2位のヤクルトを4―0で下し、2連勝でファイナルステージ進出を決めた。エースの菅野智之投手(29)がCS史上初のノーヒットノーラン(無安打無得点試合)を達成。圧巻の投球で、チームを3年ぶりのファイナルステージへ導いた。

 投球内容は、9回、113球を投げ無安打1四球7奪三振、フライは14、ゴロは6だった。

 ◆菅野の投球内容◆

【1回】坂口 右飛、川端 二ゴロ、山田哲 空三振

【2回】バレンティン 遊ゴロ、雄平 左飛、西浦 中飛

【3回】上田 空三振、井野 空三振、原樹理 左飛

【4回】坂口 投ゴロ、川端 一ゴロ、山田哲 空三振

【5回】バレンティン 一飛、雄平 二ゴロ、西浦 中飛

【6回】上田 三邪飛、田代(打) 空三振、西田(打捕) 投ゴロ

【7回】坂口 一邪飛、川端 中飛、山田哲 四球、バレンティン ,空三振

【8回】雄平 左飛、西浦 左飛、大引(打)見三振

【9回】荒木 左飛、西田 右飛、坂口 中飛

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2018年10月14日のニュース