ハムが2戦連続で先制!横尾が左翼ポール直撃弾「打った瞬間“行った”と」

[ 2018年10月14日 14:04 ]

パ・リーグCSファーストS第2戦   日本ハム―ソフトバンク ( 2018年10月14日    ヤフオクD )

<ソ・日>3回1死、左翼ポール直撃のソロアーチを放つ横尾(投手・千賀)(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 パ・リーグCSファーストステージ第2戦が14日、ヤフオクドームで行われ、レギュラーシーズン3位の日本ハムが2位のソフトバンクと対戦。3回に8番・横尾のソロアーチで先制した。

 0―0の3回1死、ソフトバンク先発・千賀の2球目変化球を強振し、左翼ポール直撃のソロアーチ。第1戦の近藤に続き、2戦連続で日本ハムが先制点を奪った。

 横尾は「(球種は)スライダーです。感触が良かったので打った瞬間“行った”と思いました。とにかく、チームが勝てるように最後まで一生懸命頑張ります」と快打を振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月14日のニュース