マエケン好救援「最悪な場面だな」と思いつつ「一番良い形に」

[ 2018年10月14日 05:30 ]

ナ・リーグ優勝決定シリーズ第1戦   ドジャース5―6ブルワーズ ( 2018年10月12日    ミルウォーキー )

<ブルワーズ・ドジャース>好リリーフを見せた前田(AP)
Photo By AP

 ドジャース・前田が好リリーフを見せた。

 2点ビハインドの8回に登板。1死一塁からMVP候補の主砲イエリチを迎え「最悪の場面だな」と思いつつ、93マイル(約150キロ)内角直球で二ゴロ併殺。「結果的に一番良い形になった」と振り返った。突破を決めた地区シリーズ第4戦に続き、ポストシーズンは2試合無失点。9回に1点差まで迫ったが、第1戦を落とし「気持ちを切り替えるしかない」と力を込めた。 (奥田秀樹通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月14日のニュース