王者広島は泰然自若 4番鈴木は巨人の勢い警戒

[ 2018年10月14日 22:51 ]

居残り特打で柵越えを放った鈴木。(右から丸、東出打撃コーチ、高ヘッドコーチ)
Photo By スポニチ

 セ・リーグ王者の広島は14日、本拠地マツダスタジアムでナイター練習を行った。17日に始まるクライマックスシリーズ・ファイナルステージの相手が巨人に決まったことについて、選手会長の会沢は「やることは変わらない。自分たちの野球をやるだけ」と泰然自若の姿勢を強調した。

 巨人のエース菅野がノーヒットノーランを達成したことに、主砲の丸は「すごいですね。素晴らしい」と感嘆しながらも「(相手は)あまり関係ない。地の利を生かしてやれればいい」と落ち着いた口ぶりだった。4番鈴木は「勢いがあるので、それにのまれないようにしたい」と警戒した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月14日のニュース