U23侍ロッテ安田 4番の仕事打 3回2点二塁打

[ 2018年10月14日 05:30 ]

練習試合   侍ジャパンU―23、7―3新日鉄住金かずさマジック ( 2018年10月13日    君津 )

 第2回U―23ワールドカップ(コロンビア)に出場する侍ジャパンU―23代表が13日、新日鉄住金かずさマジックと練習試合を行い、0―0の3回2死から打線が2四球を挟んで7連打を放ち、一挙7点を奪って勝った。

 攻撃の軸となったのが安田(ロッテ)だ。3番・岸里(日本ハム)の左前打で1点を先制し、なおも一、三塁で右翼線へ2点二塁打。履正社3年だった1年前は、清宮(日本ハム)らとカナダで開催されたU―18ワールドカップに出場した。「昨年は木製バットに対応することが一番だったが、今年は相手投手と戦える」と力強い。チームの初実戦に4番で起用した稲葉監督も「(攻撃は)2死からよくつながった。(安田は)まだまだ成長段階」と期待していた。14日は都内で実戦を行い、本番へと向かう。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月14日のニュース