日本ハム、ファイナルS進出へ逆王手!大田V打!ソフトBにタイ勝

[ 2018年10月14日 16:33 ]

パ・リーグCSファーストS第2戦   日本ハム4―2ソフトバンク ( 2018年10月14日    ヤフオクD )

<ソ・日2>8回2死二塁、左越え適時二塁打を放つ大田(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 パ・リーグCSファーストステージ第2戦が14日、ヤフオクドームで行われ、レギュラーシーズン3位の日本ハムが2位のソフトバンクに4―2で勝利。1勝1敗としファイナルステージ(S)進出へ逆王手をかけた。15日の最終第3戦で、ソフトバンクが勝つか引き分ければ5年連続で、日本ハムが勝てば2年ぶりのファイナルステージ進出が決まる。

 0―0の3回1死、8番・横尾がソフトバンク先発・千賀の2球目変化球を強振し、左翼ポール直撃のソロアーチ。近藤が本塁打を放った第1戦に続き、2戦連続で日本ハムが先制点を奪った。4回1死一、三塁では5番アルシアの技あり右前適時打で加点した。

 先発マルティネスは、昨季までソフトバンクに在籍した鶴岡のリードに導かれ好投。カットボールやチェンジアップが効果的に決まり、序盤から凡打の山を築きゴロアウトは15個。4回に中村晃、7回に高田に適時打を浴びたが、7回2失点と先発の役目を果たしてマウンドを降りた。

 同点に追いつかれた直後の8回、2死から1番・西川が二塁打で出塁。2番・大田の二塁打で勝ち越すと、続く3番・近藤も二塁打を放ち貴重な追加点を奪った。

 8回は宮西、9回は石川がリードを守り抜き、ソフトバンクとの接戦を制した。

 ソフトバンクは千賀が苦しみながらも6回3安打2失点と粘投したが、打線がつながらなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月14日のニュース