意外?巨人・岡本 4年目でプロ初犠飛「うまく飛んでくれた」

[ 2018年10月14日 05:30 ]

セ・リーグCSファーストS第1戦   巨人4―1ヤクルト ( 2018年10月13日    神宮 )

<ヤ・巨>初回1死二、三塁、岡本は小川から先制の右犠飛を放つ(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 巨人・岡本がプロ初の犠飛で先制点を呼んだ。初出場となったCSの第1打席、初回1死二、三塁で小川のカットボールを右翼に放ち「何とかバットに当てようと思った。うまく飛んでくれた」と話した。

 小川とは今季15打数3安打で打率・200だったが、プロ4年間で1本もない犠飛で初打点。初めて経験する短期決戦に「お客さんも多くて、ピリピリした雰囲気だった」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月14日のニュース