平野、9回から登板も1失点「抑えを使わせたのは反省」

[ 2018年8月28日 05:30 ]

インターリーグ   ダイヤモンドバックス5―2マリナーズ ( 2018年8月26日    フェニックス )

投球する平野(ゲッティ=共同)
Photo By 共同

 ダイヤモンドバックス平野は5―1の9回から登板したが、連打と失策で1失点(自責点0)して打者3人で降板した。

 無死一、三塁で救援を仰ぎ、抑えのボックスバーガーが後続を断ってチームは逃げ切ったが「(自分)一人で終わっていたのに、抑えを使わせたのは反省するところ」と険しい表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月28日のニュース