タイブレーク守備で中川が三重殺「細かいミスなくしてチーム力上げたい」

[ 2018年8月28日 05:30 ]

練習試合   高校日本代表3―1立大 ( 2018年8月27日    都内近郊 )

タイブレークの練習で軽快な守備を見せる三塁手・中川(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 攻守で中川主将(大阪桐蔭)がチームをけん引した。3番に座った打撃では、0―1の5回2死二、三塁から「思い切って振ろうと思った」と初球を捉えて逆転の右前適時打。1、2打席目も四球を選んでチャンスメークした。

 練習試合後に行ったタイブレークの守備では、三塁線のゴロを素早く処理して三重殺を完成させただけに、「勝てたことは自信にして、細かいミスをなくしてチーム力を上げたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月28日のニュース