稲葉監督 U18代表を激励「侍ジャパンの誇りを胸にアジアで1番に」

[ 2018年8月28日 16:18 ]

 第12回U18アジア選手権に出場する高校日本代表を、トップチームの稲葉篤紀監督が激励した。

 「結束力というのが一番大事です。皆さんそれぞれの高校から来て、一つになるのが難しい。ぜひみんなで言いたいことを言い合ってチームを一つにして戦ってもらいたい」と伝え、「アジア大会は韓国、台湾あたりとは永遠のライバルとして戦っていかなければならない。侍ジャパンの誇りを胸にアジアで1番になれるように頑張ってください」と鼓舞した。

 最後は選手一人一人と握手を交わして励ました。高校日本代表はこの後、大学日本代表と壮行試合を行う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月28日のニュース