PR:

大学Jが3本塁打で意地 初回2ランの頓宮「恥のないスイングをしようと」

<高校日本代表・大学日本代表>初回1死一塁 左中間へ2ランを放ち伊藤に出迎えられる大学日本代表・頓宮(左) (撮影・ 久冨木 修)
Photo By スポニチ

 第12回U18アジア選手権(9月3日開幕、宮崎)に出場する高校日本代表の壮行試合が28日に神宮球場で行われ、大学日本代表が3本塁打を放って7―3で勝利を収め、先輩の意地を見せた。

 大学日本代表は高校日本代表の先発投手・市川(明徳義塾)から初回に1点先制した後、4番・頓宮(亜大)が左中間へ2ラン。4回には2番手の渡辺(浦和学院)から先頭の勝俣(国際武道大)が代わりバナの初球、真ん中直球を左翼スタンドへ叩き込むなど3点を加えて6点リードを奪うと、4点差に詰められて迎えた7回にはこの回から登板した甲子園優勝投手の4番手・柿木(大阪桐蔭)から伊藤(立正大)がバックスクリーンへ叩き込んだ。

 頓宮は「投手のカットボールというかスライダーが、曲がり際が速かったので、その曲がり際を打とうと思って狙っていきました」と初回の2ランを振り返り「大学ジャパンの4番として恥のないスイングをしようということだけ心がけていたので、そこを見せられたので良かったと思います」と胸を張った。

 高校日本代表チームの印象については「いい打者、いい投手がそろっている」と頓宮。大学ジャパン主砲として「優勝目指して頑張ってもらいたい」と高校ジャパンにエールを送った。

[ 2018年8月28日 21:51 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月17日03時〜04時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      カレッジスポーツ

      特集・コラム