オリ福良監督、初の凱旋試合へ必勝「地元でやれるというのはうれしい」

[ 2018年8月28日 05:30 ]

オリックスの福良監督
Photo By スポニチ

 宮崎県出身のオリックス・福良監督が、28日の日本ハム戦を前に初の凱旋勝利へ意欲を示した。

 「今まで鹿児島とかだったからね、地元でやれるというのはうれしいことですね。うちとしては、もう勝つしかないわけだから」

 パ・リーグでは08年以来10年ぶりの宮崎開催で、主催のオリックスは阪急時代を含めても初めて。指揮官自身にとっても、現役時代を含めて地元での公式戦は初めてだ。

 ただ、感慨に浸ってばかりはいられない。借金6を抱えて3位・日本ハムからは7ゲーム差。最短で30日にもクライマックスシリーズ自力進出の可能性が消滅する正念場だ。「一つ一つ勝つだけです」。地元での夜を笑って過ごせるかどうか。必勝の決意は強い。(湯澤 涼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月28日のニュース