巨人・カミネロ 右肘痛治療のため渡米 このまま退団する可能性も

[ 2018年8月28日 19:01 ]

 巨人は、アルキメデス・カミネロ投手(31)が右肘痛の治療のため、28日に渡米したと発表した。

 6月末に不振で2軍落ちして右肘痛を発症。米国の病院で受ける精密検査次第だが、手術を受けることが濃厚となった。今季は20試合で1勝1敗11セーブ、防御率5・79と力を発揮できず、このまま退団する可能性もある。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年8月28日のニュース