中日助っ人コンビが本領発揮!ビシエド、ゲレーロ19試合ぶりアベック弾も…“不敗神話”消滅

[ 2017年6月10日 18:21 ]

交流戦   中日3―5オリックス ( 2017年6月10日    京セラD )

<オ・中>7回1死、ビシエドは右中間へのソロ本塁打を放つ
Photo By スポニチ

 中日の頼れる助っ人コンビが本領を発揮した。0―2の7回1死走者なしから、まずはビシエドが中越え11号ソロ。松葉の高め速球を外野中段席まで運び「しっかり捉えられたよ」。

 ゲレーロも右翼席への17号ソロで続き、一気に同点。さらに藤井が中越え二塁打を放ち、松葉をKO。

 ビシエド、ゲレーロのアベック弾は5月19日の広島戦(ナゴヤドーム)以来、19試合ぶり。4回無死三塁で三者連続三振を喫するなど、6回までわずか2安打と苦しめられていた左腕を攻略した。

 しかし、試合は敗れ3連敗。2人がそろい踏みした試合はこれまで4戦全勝だったが、“不敗神話”は消滅。ゲレーロは「今日は終わったのでまた明日。とにかくチームが勝てる打撃をしたい」と強調した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月10日のニュース