マエケン メジャー初セーブも「そんなにうれしくない」

[ 2017年6月10日 15:53 ]

ナ・リーグ   ドジャース7―2レッズ ( 2017年6月9日    ロサンゼルス )

自身初セーブを挙げた前田は試合後にターナーとタッチ (AP)
Photo By AP

 ドジャースの前田健太投手(29)が9日(日本時間10日)のレッズ戦で2番手の投手として登板。4回を投げて3安打1失点、さらに6奪三振と好リリーフを見せ、日米を通じて初のセーブを挙げた。

 不振の続く前田は先発ローテーションを外れてロングリリーフを任されることになったが、この試合でその役目を完ぺきにこなして見せた。

 それでも、初セーブは「そんなにうれしくない」と前田。「ローテーションに戻れるように結果を残したい。メジャーも日本もこういう世界は厳しいが、前向きに頑張りたい」と先発復帰に向け必死な様子を見せていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月10日のニュース