楽天 梨田監督 好走塁を評価「気迫が点につながった」

[ 2017年6月10日 18:33 ]

交流戦   楽天2―1広島 ( 2017年6月10日    Kobo宮城 )

8回1死一塁、楽天・ペゲーロの左翼線への当たりで一走茂木が一気に生還
Photo By スポニチ

 楽天が接戦を制して、セ・リーグ首位の広島との対戦成績を五分とした。

 8回4安打1失点で7勝目の美馬に「打者の手元で球が変化していた。コントロールもシュートも良かった」と広島・野村との我慢比べに勝った右腕をほめ、「見応えのある投手戦。さすが」と絶賛した。

 「1点欲しい場面」と振り返った8回の攻撃。ペゲーロの左翼線の当たりで、一塁走者の茂木が一気に生還し、勝ち越し点が入った。「茂木の気迫が点につながった。迷いがなかった」と、好走塁を評価。3カードぶり勝ち越しの可能性が残ったことに、「明日は(先発の)岸がやってくれるでしょう」と期待を込めた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2017年6月10日のニュース