ヤクルト貧打深刻10連敗 真中監督「打破してほしい」

[ 2017年6月10日 18:00 ]

日本生命セ・パ交流戦   ヤクルト1―4ロッテ ( 2017年6月10日    ZOZOマリン )

5回、厳しい表情で投手交代を告げる真中監督
Photo By スポニチ

 ヤクルトが10日の交流戦でロッテに1―4で敗れ、交流戦開幕10連敗。10年に記録したワースト記録を更新した。

 先発の星は4回2/3で93球を投げ6安打1失点も救援陣が踏ん張れず勝ち越しを許した。得点は西田の犠飛で挙げた1点だけ。8回に無死二、三塁の好機をつくるも、坂口が遊ゴロ、雄平が空振り三振、大松が遊ゴロに倒れて無得点に終わるなど貧打が深刻だ。

 試合後、真中監督は「投手は走者を出しても粘っていたが…。(先発の)星より打線。打つ方が何とかしないと。得点は1点止まり。そこを打破しないと」と貧打を嘆いた。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2017年6月10日のニュース