青木 日米通算2000安打へ足踏み 先発出場で3の0

[ 2017年6月10日 12:36 ]

ア・リーグ   アストロズ4―9エンゼルス ( 2017年6月9日    ヒューストン )

エンゼルス戦の第3打席で中飛に倒れた青木 (AP)
Photo By AP

 アストロズの青木宣親外野手(35)は9日(日本時間10日)のエンゼルス戦に「8番・左翼」で先発出場。日米通算2000安打まであと2本に迫っていたが、3打数無安打1打点という結果に終わり、この日の快挙達成とはならなかった。

 2回の第1打席は1死満塁の場面で一ゴロ。しかし、この間に三塁走者のマキャンがホームに還り、青木は打点をマークした。続く5回の第2打席は遊ゴロ、7回の第3打席も中飛に倒れ、過去11打数1安打と苦手にしているエンゼルスの先発・シューメーカーから快音を響かせることができなかった。

 試合はアストロズが4―9で敗れた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月10日のニュース