岩隈 右肩炎症からの今月中の復帰目指し調整順調

[ 2017年6月10日 20:11 ]

マリナーズの岩隈(AP)
Photo By AP

 右肩の炎症で故障者リスト(DL)入りしているマリナーズの岩隈久志投手(36)が、メジャー復帰を目指して調整を続けている。

 9日(日本時間10日)は本拠地シアトルで、ノースローで室内のトレーニングなどを行った。8日(同9日)にブルペンで50球を投げた右腕は「あまりノースローは好きではなくて張りを残しておくために毎日投げたいけど、ずっと投げてきて、きのうもブルペンでしっかり投げられたので」と話した。前日の投球練習の動画は公式ブログにアップし「ブルペン、良かったです」と、手応えをつづった。

 今月中の復帰を見据え、11日(同12日)にはDL入り後2度目のシート打撃で2イニングを投げる予定。スコット・サービス監督は「投手コーチから、きのうのブルペンはとても良かったし、投げた後クマ(岩隈)の表情にも笑顔が見られたと聞いている。順調に進んでいる」と、うれしそうに話していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月10日のニュース