13連敗からの連勝ならず…由伸監督 悔やまれる8回の四球「もったいない」

[ 2017年6月10日 21:35 ]

日本生命セ・パ交流戦   巨人2―3日本ハム ( 2017年6月10日    札幌ドーム )

<日・巨>選手交代を告げ厳しい表情でベンチに戻る高橋監督
Photo By スポニチ

 巨人は13連敗からの2連勝を狙ったが、1点のリードを守り切れなかった。

 7回に2―1と逆転に成功して迎えた8回。先発の田口が先頭に四球で交代。継投で逃げ切りを図ったが、4番手・マシソンが1死二、三塁から中田に逆転2点打を浴びた。

 試合後、高橋監督は「田口は(8回の先頭の四球が)もったいない。いい方ではなかったと思うが踏ん張った。良く投げたと言えばよく投げたのかもしれないが、もう少し投げてほしかった」とし、打線についても「2点ではいい攻撃ができたとは言えない」と話していた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月10日のニュース