DeNA 波に乗れず ラミレス監督「先発が2回5失点では…」

[ 2017年6月10日 17:51 ]

交流戦   DeNA2―6西武 ( 2017年6月10日    メットライフ )

2回5失点で降板したDeNA先発・平良
Photo By スポニチ

 前日9日の逆転勝ちで波に乗りたいDeNAだが、勝負は序盤で決まってしまった。先発平良が2回までに5失点。その後は7回まで国吉、平田が無失点だっただけに、ラミレス監督は「中継ぎの2人は頑張ってくれたけど、先発が2回5失点では…」と嘆いた。

 打線も西武の7安打を上回る12安打を放ちながら、3回の2点で終わった。3人で終わったのは6回のみ。毎回のように走者は出るものの本塁が遠く、指揮官は「打線は悪くない」と話したが、得点につながらないことに表情はさえなかった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2017年6月10日のニュース