イチロー代打で快音 マエケン、好救援で自身初セーブ

[ 2017年6月10日 15:15 ]

自身初セーブを挙げた前田は試合後にターナーとタッチ (AP)
Photo By AP

 メジャーリーグは9日(日本時間10日)に各地で全15試合が行われ、マーリンズは12―7でパイレーツに勝利。イチローは6回に代打で起用され、中前適時打を放った。

 ドジャースは7―2でレッズに快勝。前田は2番手の投手として6回からマウンドに上がり、4回3安打1失点と好リリーフを見せ、日米通じて初のセーブを挙げた。

 アストロズは4―9でエンゼルスに敗戦。日米通算2000安打まであと2本に迫っていた青木は「8番・左翼」でスタメンに名を連ねたが、3打数無安打に終わり、この日の快挙達成とはならなかった。

 カブスは3―5でロッキーズに敗れて3連敗。上原は4番手の投手として8回からマウンドに上がり、1回1安打無失点という内容でリリーフとしての役目を果たした。

<9日の結果>

ナ・リーグ:ロッキーズ5―3カブス、マーリンズ12―7パイレーツ、ブレーブス3―2メッツ、カージナルス3―2フィリーズ、ブルワーズ8―6ダイヤモンドバックス、ドジャース7―2レッズ

ア・リーグ:インディアンス7―3ホワイトソックス、レッドソックス5―3タイガース、レイズ13―4アスレチックス、ヤンキース8―2オリオールズ、エンゼルス9―4アストロズ、マリナーズ4―2ブルージェイズ

インターリーグ:レンジャーズ5―2ナショナルズ、パドレス6―3ロイヤルズ、ツインズ4―0ジャイアンツ

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2017年6月10日のニュース