打ちすギ〜タ8戦7発!4日連続のお立ち台「1球で捉えられた」

[ 2017年6月10日 05:30 ]

日本生命セ・パ交流戦   ソフトバンク3―0阪神 ( 2017年6月9日    ヤフオクドーム )

<ソ・神>3回1死一塁、柳田が左越えに15号2ランを放つ
Photo By スポニチ

 勢いが止まらない。ソフトバンクの柳田が3回に左越え15号2ランを放った。自身2度目の3試合連発。6月は8試合で7本目だ。

 全3打点でチームを4連勝に導き、4日連続のお立ち台に上がり「1球で捉えられた。自分のスイングができていい追加点になった」と満足そうだった。

 初回1死二塁では鋭い打球の中前適時打。3試合連続で自らのバットから先制点を叩き出した。心掛けているのは先制打のようなライナーを打つこと。今季ヤフオクドームの人工芝が張り替えられ「打球が止まる。ゴロはヒットになりづらい」と代名詞のフルスイングに磨きをかける。

 チームは貯金を今季最多の17に伸ばし、首位・楽天に0・5ゲーム差とした。柳田も連続試合安打を21に伸ばし、打率は・310。盗塁も12で、2年ぶりのトリプルスリーを視野に入れている。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2017年6月10日のニュース