ソフトB内川 1軍復帰は交流戦後か 工藤監督「万全にした方がいい」

[ 2017年6月10日 12:09 ]

交流戦中は治療に専念するソフトバンクの内川
Photo By スポニチ

 頸椎(けいつい)捻挫で出場選手登録を抹消されているソフトバンク・内川聖一外野手(34)の1軍復帰が、交流戦明けにずれ込む可能性が高くなった。最短なら13日の巨人戦から登録が可能だったが、工藤公康監督(54)は「しばらく、様子を見て万全にした方がいいんじゃないかと話をした。良くなったら言ってきてくれと伝えています」と話した。交流戦中は治療に専念する方針で、23日の西武戦以降の復帰を目指していくことになる。

 内川は今季53試合に出場し、打率・330、11本塁打、43打点。今季中の達成が見込まれる通算2000安打へは残り、40本。今月2日のDeNA戦でスイングした際、患部を痛めて3日に出場選手登録を外れていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月10日のニュース