オリックス・マレーロ 正真正銘の来日1号!両足でしっかりホームイン

[ 2017年6月10日 15:23 ]

日本生命セ・パ交流戦   オリックス―中日 ( 2017年6月10日    京セラD )

<オ・中>4回、左越えに先制ソロ本塁打を放ち、両足でしっかりとホームベースを踏むマレーロ
Photo By スポニチ

 前夜に本塁を踏み忘れて“幻の来日初本塁打”となったオリックスの新外国人、クリス・マレーロ外野手(28)が、4回に正真正銘の来日1号を放った。

 9日の中日戦では5回に左中間3階席のフェンスを直撃する“逆転2ラン”を放ちながらも、ホームインの際にホームベースを空過して本塁打取り消し(記録は三塁打)となったマレーロ。名誉挽回とばかりにこの日は0―0の4回に先頭で打席に入ると、中日先発・柳の2球目の直球をフルスイング。高々と上がった打球は左中間5階席に飛び込む先制の1号ソロとなった。

 前夜の過ちは繰り返さない…とばかりに、マレーロは一塁、二塁、三塁としっかりと踏むと、両足でホームイン。「打ったのはストレート。打った瞬間、完璧だね!と思った。とにかく先制することができてよかった」と“打ち直しの1発”を喜んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月10日のニュース