リプレー検証で判定覆る…西武・森の落球判明 アウト→セーフ

[ 2016年8月31日 23:51 ]

パ・リーグ 西武8―7ソフトバンク

(8月31日 西武プリンス)
 9回のソフトバンクの攻撃で本塁クロスプレーのリプレー検証が実施され、アウトとされた判定が覆った。

 2死三塁の今宮の打席で、大石の投球を捕手の森がはじいた隙に三塁走者の江川が本塁に突入した。ボールを拾った森が滑り込む江川にタッチしてアウトと判定されたが、工藤監督が抗議。ビデオ映像で確認した結果、森がタッチの際に落球したことが判明し、セーフとなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年8月31日のニュース