U18日本3番・鈴木 チーム1号 “甲子園出てない”責任感

[ 2016年8月31日 05:30 ]

<日本・香港>3回、鈴木が2ランを放つ

第11回U―18アジア野球選手権・1次ラウンドA組 日本19―0香港

(8月30日 台湾・台中)
 日本の3番・鈴木が日本の第1号本塁打を放った。

 3回1死二塁から直球を右翼ポール際に運び「打った瞬間、行ったと思った。代表1号は素直にうれしい」と笑みを浮かべた。これが高校通算21号。静岡では1年夏から3季連続で甲子園の土を踏んだが今年は春夏ともに出場を逃した。悔しさを胸に今大会に向けて練習を継続し2安打3打点。17安打19得点の打線の中軸として役割を果たし「甲子園に出ていない代表として責任感は強い」と胸を張った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年8月31日のニュース