侍ジャパン女子がW杯合宿打ち上げ V5へ大倉監督「手応えある」

[ 2016年8月31日 17:25 ]

 「第7回WBSC女子野球ワールドカップ」(9月3~11日、韓国・釜山)で5連覇を目指す侍ジャパン女子代表「マドンナジャパン」が31日、神奈川県内で直前合宿を打ち上げた。合宿3日目の最終日はケースノック、フリー打撃など約2時間半、みっちりと調整。チームは9月1日に韓国入りする。

 大倉孝一監督は今合宿を総括し「今までの合宿でずっとやってきたことの最終的なチェック期間にしたいと思っていたが、意図やサインプレーはもう仕上がっているという手応えはある」と収穫を口にした。9月3日開幕の1次ラウンドは初戦・カナダ戦(3日)からいきなり3連戦となるが「3試合で全員が出ると思います」と明言。「全員使いつつ、決勝ラウンドに出てくるチームを見ながら準備をしたい。(チームの調子は)まだまだ上がってくるし、上げないといけない」と本大会を見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年8月31日のニュース